趣味全開で万歳!
市販のエアガンにUSBカメラとモーターを装備し自動照準エアガンにしてみた(動画)

http://www.gizmodo.jp/2010/11/usb_127.html



自動照準のエアガン作った [ニコニコ動画]


自宅警備員涙目?

市販のエアガンにUSBカメラとサーボモータを改造したものを組み合わせ、セントリーガン(自動追尾銃)にしてしまうという動画です。素早い反応で狙いを的確に定めてくるあたりが恐ろしいです。すごい完成度!

この銃が青いものに反応しており、また作者の「これで泥棒が侵入してきても安心ですね!」とのコメントから、

* これがあれば自宅警備の必要ないな
* ついに俺も失業か
* バイク盗難防止に一台もらおう
* しかし泥棒に青いもの持ってもらう必要があるな...
* じゃあ俺らが泥棒を青く塗る仕事すればいいんじゃね?

など多くのコメントが寄せられていました。

この銃が顔認識してくれたら、ほんとに良い警備員になってくれそうです! 家主も要注意ですけどね...



市販のデジカメ(顔認識機能あり)と組み合わせれば、マジでできるのでは。

セントリーガンという言葉はフルメタル・パニック!で学びましたねw
[ニコニコ技術部すごっ!セントリーガン]の続きを読む
スポンサーサイト
しかし、くらまの艦首部分見事につぶれてますね~orz

護衛艦衝撃吸収ボディとは知りませんでした(冗談ですw)
NHKのニュースで、衝突の瞬間、火柱を上げているところがありましたけど、傍から見ると自爆テロだなw
まぁ火災の原因は護衛艦の方に問題があるわけでしたが。

msn産経ニュースより

【護衛艦衝突・炎上】海保、追い越し止めず 直前に貨物船へコース情報を提供
2009.10.28 22:09

 海上自衛隊の護衛艦「くらま」と韓国籍の貨物船「カリナ・スター」が関門海峡で衝突した事故で、海上保安庁は28日、カリナ・スターが前方の船を追い抜く際、関門海峡海上交通センターの管制官が「左側を追い抜いてください」と追い越しコースの情報提供を行っていたことを明らかにした。

 第7管区海上保安本部(北九州)は「情報提供が事故原因となった可能性がある」との認識を示した。

 事故はカリナ・スターが前方を航行する船を追い越そうとした際に発生。海保は28日、事故直前の管制官と関係船舶との無線交信の内容を紹介した。

 交信によると、事故直前、センターが船に「後ろから接近している船がある」と連絡。船から「左側を追い越して」と回答があった。センターはカリナ・スターに船の回答を伝え、「前方から護衛艦が接近している」とも連絡したところ、カリナ・スターは「了解」と応答した。

 カリナ・スターを運航する南星海運(ソウル市)によると、船長も「右側から追い越そうとしたが、左側から追い越すよう指示され、従ったところ(護衛艦と)正面から衝突した」と話しているという。



その他の報道を見てても、
関門海峡海上交通センターの管制の不備と
護衛艦「くらま」と貨物船「カリナ・スター」の注意不足

という喧嘩両成敗みたいな感じになりそうですねぇ
[海自護衛艦衝突]の続きを読む
週刊オブイェクトより
22DDHと16DDHの比較図
http://obiekt.seesaa.net/article/126928392.html
22DDHは多目的空母として概算要求
http://obiekt.seesaa.net/article/126921529.html

この前、PAC3配備に944億円計上 防衛省概算要求
http://blogs.yahoo.co.jp/twwbgs_17365g/58819913.html
という記事を書きましたが、その繋がりで見つけたので。

リンク先に22DDHと16DDHの比較図があるのですが、22DDHデカっ!

ほんと大きさだけなら軽空母だぜ、こいつぁ。

しかし、なにやらVSLがなさそうとのこと。その代わりかファランクス(20mm対空機関砲)とSeaRAM(短距離対空ミサイル)がつくような?というような憶測もありますが、護衛艦と言い張るならせめてVLSは付けておいてほしいなと。基本艦隊で行動するので、ミサイル護衛艦(イージス艦)がいればよいし、対潜ヘリを積むので対潜ミサイルや対艦ミサイルは不要となるのかもしれませんが、でも単艦で自己完結できてないのは何か不安だなぁ。
富士重、戦闘ヘリ発注中止で防衛省にライセンス料支払い要求へ
[東京 2日 ロイター]
http://jp.reuters.com/article/domesticJPNews/idJPJAPAN-11301520090902


富士重工業は、防衛省に対して戦闘ヘリコプターの発注が当初予定の62機から10機へと大幅に縮小したことによる必要経費負担を要望することが2日明らかになった。富士重の広報担当者が話した。

 防衛省は01年、戦闘ヘリ「AH1S」の後継機として「AH64D」を計62機導入することを決め、富士重工に伝えた。しかし1機約60億円と従来機の2倍の高額だったうえ、年々価格が上昇したため、02─07年度に計10機を発注した後、「厳しい財政事情をかんがみ発注を中止した」(防衛省広報担当)。 

 富士重工は、米ボーイング(BA.N: 株価, 企業情報, レポート)が保有するAH64Dの生産に必要なライセンス料を、62機分支払い済みであったため、回収できなくなったライセンス料について国に支払いを求める考え。

 2日付の朝日新聞朝刊は、富士重が防衛省に対して500億円弱の支払いを求め、2─3カ月間で支払い意向が得られない場合、民事訴訟を起こす構えだと報じている。



これはしかたのないことですよ、ちゃんと払わないと。富士重工とボーイング間のライセンス契約であっても、ことの始まりから防衛省が一枚噛んでるわけでしょうから。しかも防衛産業は儲けれる幅が決まってるらしいので、これで支払ってもらえなければ大損害でしょう。
[陸上自衛隊、戦闘ヘリ]の続きを読む
毎度おなじみTechnobahnからの抜粋
F-22神話がまた一つ崩壊、模擬格闘戦演習でT-38がF-22を撃墜

2009/4/22 15:02 - 米空軍で行われた戦闘機を使った模擬格闘戦で、ジェット練習機のT-38が最新鋭のF-22を最終的にターゲットサイト内に収めて「撃墜」することに成功していたことが18日までにユーチューブ上に公開されたT-38側から模擬格闘戦の内容を撮影した映像によって明らかとなった。



ということで動画を貼り付けてみます。



記事によると「映像の場合、35秒目でKILL」してるとのこと。

しかし、練習機に負けるとは…
といっても模擬格闘戦だから一概に実戦でも
こうなるとは限らないでしょうし、
これもたまたまそうなっただけのことでしょうが、
“撃墜できなくは無い”ということは言えるでしょうねw

F-5フリーダムファイターの姉妹機であるT-38タロンなので
F-22よりは軽戦といえるのかわかりませんが、
パイロットの技術差とあいまって、
格闘戦ではT-38の方が歩があったのかもしれません。

ということで、自分も試してみました(フライトシミュレータでw)
試したのはもちろん山川機長さんYS FLIGHT SIMULATORです。

自機はF-5を使用し対F-22戦をやってみましたw
test1.jpg

test2.jpg

はい、勝てましたw

ってまあゲームはゲームですがw
動画と同じになるように格闘してみました。

まあ、現代の空戦は、
ファーストルック・ファーストショット・ファーストキル
(first look, first shot, first kill:先に見つけ、先に射ち、先に撃墜する)
という
目視外戦闘が基本ということなので、
まず、F-22の対して格闘戦を挑む前に、いや目視する前に墜とされてるんでしょうね~。

ちなみにT-38タロンについて
http://ja.wikipedia.org/wiki/T-38_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)
さっそくF-22を撃墜したことが載ってるww



にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村